男性

即応力の高さが自慢のCRMソリューション【人気のコールセンター】

電話窓口とその設置

男性

電話窓口開設の工夫

企業においては、顧客や利用者からの電話を受け、営業活動を行ったり、利用者サポートを行う場合がある。そのような際に、社内に専用のスタッフを用意したり、電話受付用の担当者を雇用するなどの方法があるが、この場合コストが多くかかるケースがある。特に営業窓口やサポート窓口においては、サービスや営業活動の展開状況により多くの電話窓口が必要な時とそうでないときがあり、人員調整が難しくなるケースもある。このような場合に、利用できるサービスとして、電話代行サービスがある。電話代行サービスでは、専用のコールセンターなどを用意してもらい、そこで外部からの電話受付などを行ってもらえる。必要に応じて数を調整でき、コスト削減につなげられる。

利用とその利点

電話代行サービスの利用する前に、おさえておく必要がある点がある。第一に、東京などの大都市部では、スペース的なメリットも大きいという点である。社内で電話窓口を設置する場合、担当者を配置するオフィスやスペースを確保する必要が出る。特に東京などでは、スペース確保には多くの費用が掛かり、賃料も多く必要になる。これらを解決するために、電話代行サービスを活用することで、スペース確保の必要がなくなるということがある。電話代行サービスでは、東京などの都市部ではなく、郊外や地方に電話窓口を設置するケースが多く、費用面においても安く利用できるケースが多くなっている。東京などにおいて場所確保や人員確保を省く手段として最適となっている。